RIGblaster-Pro

デジタルモードの接続は、これ一台で完璧
これは正に夢のサウンドカードインターフェースです。
特にリグブラスターのインターフェースは入力をマイク端子から行いますので、SSBモードで運用する
SSTV に最適のインターフェースです。

ウェストマウンテンラジオ社がリグブラスターを発売して2万台のユーザと向き合って作った究極のインターフェース
です。
しかしただ機能を多くすれば良いわけではありません、シンプルにして多彩、QST誌の2003年4月号の評価では
インターフェースの“ロールスロイス”とまで言わしめたプロのネーミングにふさわしい自信作です。
リグブラスタープロの特徴
フロントパネルで入力の経路を表示。
安心、簡単、入力レベルをランプ表示。
PTT,CW,FSKのキーイングをランプで確認。
マイク、コンピュータの音声はコンピュータから切り替え。
多彩な接続をシンプルに実現、もうこれ以上の使い方は考えられません。
ヘイルのプロセットのマイクを直接プラグイン、抜けば固定のマイクが生きる両刀使い。
マイクコネクタは丸型コネクタ、8ピンモジュラー、どちらのリグも接続OK。
入力レベル調整ツマミが前面に出た、モードに合わせて自由に調整。
コンピュータイコライザー専用ジャックを設けON/OFFスイッチもつけました。
CWのキーイング出力が付属、コンテストに必需品。
FSKのキーイング出力が付属、きれいな変調のRTTYが楽しめます。リグのモードもRTTYが使えます。
PTT入力、PTT出力と2つのPTT端子が付属、フットスイッチはもつなぎっ放し、使い方はあなたしだい。
コンピュータでリグ制御、シャックも自動化、クラスタをクリックして一発QSY、チャンスを逃しません。
CIV、CAT、TTLレベル、RS232Cレベル、なんでもこいの専用インターフェースを完備.
COMポートはコネクタを2個装備、ジャンパーブロックで使い方は自在。
独立電源、トランスによるアイソレーション、ノイズ対策は万全です。
6本のパッチコード、マイクケーブル、コンピュータケーブル、マイクジャンパと、今すぐ必要なものは全て
そろっています。(注)
コンピュータスピーカ出力端子付、コンピュータの外部スピーカーは差し替え不要。
コンピュータの音声出力をモニターするステレオジャックが付属。

リグブラスタープロでやれるインターフェースのパス (端末接続図)
信号の経路 用途
マイク入力をリグのマイク入力に SSB通信
Hileのプロセットをじかに接続 AD-1不要の専用ジャック付 SSB通信
コンピュータからマイクに入力 AFSK,SSTV,PSK31等の送信コンテストに自動CQの送信
リグのAF信号をコンピュータに入力 RTTY,SSTV,PSK31,CWの受信交信をデジタル録音
コンピュータのCOMポートのRTSでPTTを制御 VOXは不要、直接PTTを操作
コンピュータのCOMポートのDTRでCWをキーイング キーボードからCWの送信
コンピュータのCOMポートでFSKをキーイング 信号のきれいなRTTYの送信
マイク−コンピュータ−マイクでデジタルイコライザ 最新のHiFi SSB はこれだ
フットスイッチなど外部PTTスイッチ−リグのPTT入力 フットスイッチは切り替え不要
コンピュータのCOMポート−CIVリグ制御(TTLレベル) アイコムリグの自動コントロール
コンピュータのCOMポート−CATのリグ制御(TTLレベル) その他のリグの自動コントロール
コンピュータのCOMポート−CATのリグ制御(RS232Cレベル) その他のリグの自動コントロール

梱包内容
1 英文マニュアル
1 日本語マニュアル
1 本体
1 通信用フリーソフト集 CD
1 マイクケーブル (一方は丸型8ピンプラグ、他方は8ピンモジュラープラグ)
1 コンピュータケーブル
6 パッチコード (両端ステレオミニプラグ)
1 ステレオプラグ変換アダプタ (ミニプラグから普通サイズの変換)
6 ジャンパーピン (ジャンパーブロックの設定用)
12 白色、ジャンパー線 (マイクの接続用)
4 両面接着パッド

注: COMポート2用のRS232Cケーブル、及びFSK、CW,リグコントロール用ケーブルは ご利用の無線機に
合わせて別途ご用意お願いいたします。



ボーダー
輸入総代理店 エレクトロデザイン株式会社
戻る