RIGblaster-Plus2

デジタルモードの接続は、これ一台で完璧
リグブラスタープラスは通常のデジタルモードで運用するために必要な機能をコンパクトにまとめ上げたサウンドカード
インターフェースです。

これから、デジタルモードに挑戦、コンテストもCWはキーボードでオペレートしたい、など、一歩先を行くシャックを作り
上げるなら、リグブラスタプラスは最適です。

特にリグブラスターのインターフェースは入力をマイク端子から行いますので、SSBモードで運用する
SSTV に最適のインターフェースです。

リグブラスタープロの特徴
フロントパネルで入力の経路を表示。
自動PTTをOFFにする VOX/AUTOスイッチが付属。
マイク、コンピュータの音声はコンピュータから切り替え。
マイクコネクタは丸型コネクタ、8ピンモジュラー、どちらのリグも接続OK。
入力レベル調整ツマミが前面に出た、モードに合わせて自由に調整。
CWのキーイング出力が付属、コンテストに必需品。
FSKのキーイング出力が付属、きれいな変調のRTTYが楽しめます。リグのモードもRTTYが使えます。
PTT入力、PTT出力と2つのPTT端子が付属、フットスイッチはもつなぎっ放し、使い方はあなたしだい。
独立電源、トランスによるアイソレーション、ノイズ対策は万全です。
2本のパッチコード、マイクケーブル、コンピュータケーブル、マイクジャンパと、今すぐ必要なものは全て
そろっています。(注)
コンピュータスピーカ出力端子付、コンピュータの外部スピーカーは差し替え不要。
コンピュータの音声出力をモニターするステレオジャックが付属。

リグブラスタープロでやれるインターフェースのパス
信号の経路 用途
マイク入力をリグのマイク入力に SSB通信
コンピュータからマイクに入力 AFSK,SSTV,PSK31等の送信コンテストに自動CQの送信
リグのAF信号をコンピュータに入力 RTTY,SSTV,PSK31,CWの受信交信をデジタル録音
コンピュータのCOMポートのRTSでPTTを制御 VOXは不要、直接PTTを操作
コンピュータのCOMポートのDTRでCWをキーイング キーボードからCWの送信
コンピュータのCOMポートでFSKをキーイング 信号のきれいなRTTYの送信
フットスイッチなど外部PTTスイッチ−リグのPTT入力 フットスイッチは切り替え不要
コンピュータのCOMポート−CIVリグ制御(TTLレベル) アイコムリグの自動コントロール
コンピュータのCOMポート−CATのリグ制御(TTLレベル) その他のリグの自動コントロール

梱包内容
1 英文マニュアル
1 日本語マニュアル(RIGblaster Plus の説明書となります)
1 本体
1 通信用フリーソフト集 CD
1 マイクケーブル (一方は丸型8ピンプラグ、他方は8ピンモジュラープラグ)
1 USBケーブル
2 パッチコード (両端ステレオミニプラグ)
5 ジャンパーピン (ジャンパーブロックの設定用)
8 白色、ジャンパー線 (マイクの接続用)
4 両面接着パッド

注: FSK、CW,リグコントロール用ケーブルは ご利用の無線機に合わせて別途ご用意お願いいたします。



ボーダー
輸入総代理店 エレクトロデザイン株式会社
戻る