HM-10 XD
HC−4x HC−5x エレメント 搭載の アマチュア無線専用マイクロフォン HM−10−XD を開発いたしました。
人気のHC-4 レスポンスを再現するために、HC-5xとHC-4xエレメントを音響的に調整されたチャンバーに搭載した
アマチュア無線に適したマイクロフォンを再設計いたしました。
日常のラグチューではフルレンジのHC−5xエレメントを使い、DX運用の場合には 狭帯域 HC−4x エレメントに
即座に切り替えパイルアップに対応する事により、すべてのニーズをカバーするマイクロフォンです。
新しい HC−4x (狭帯域)エレメントは、パワーDX ユーザーの為に設計されています。
音声中程の2,500Hz 付近を 10dB 上昇させております。
HC−4x エレメントは低音域を 600Hzで ロールオフしております。
HC−4x エレメントの −3dB ポイントは 600Hz から 6KHz に設定してあり、同調のピークは 2,500Hzで
+10dBとなっております。
   
新しいHC−5x エレメントはフルレンジの音声でスピーチを明瞭にして快適なラグチュー運用かできます。
音声パターン中程の周波数 2,500Hz で +6dB上昇させてあるので、音声信号が明瞭になります。
HC−5x エレメントは 低音域を 300Hz でロールオフしております。
HC−5x エレメントの −3dB ポイントは 300Hz から 8KHzに設定してあり、同調のピークは2,500Hz で
+6dB となっております。
HM−10 XD マイクロフォンは、マイククリップとフォームウインドスクリーンを添付しております。
無線機との接続には、CC−1−(Y,K,I) アダプターケーブルを使用いたします。

HM−10 XD の 仕様
 エレメント HC−4x (狭帯域) ダイナミックエレメント
HC−5x (広帯域) ダイナミック エレメント
出力 端子 キャノン 4ピン 端子
周波数 特性 HC−4x (狭帯域) 600Hz〜6KHz
HC−5x (広帯域) 300Hz〜8KHz
指向性パターン HC−4x (狭帯域) 単一指向性
HC−5x (広帯域) 単一指向性
インピーダンス HC−4x (狭帯域) 600Ω
HC−5x (広帯域) 600Ω
出力レベル HC−4x (狭帯域) −76dB (1KHzにおいて)
HC−5x (広帯域) −72dB (1KHzにおいて)
重量 0.25Kg

注: HM-10XDに最適なテーラーレスポンスを実現するには、標準ダイナミックエレメントよりもマイクゲインを
3〜4 dB高くする必要があります。

ボーダー
輸入総代理店 エレクトロデザイン株式会社
戻る