ZRシリーズコンパクト・バーチカル・ダイポールアンテナ


ZRシリーズのアンテナはユニークなコンパクト高効率のアンテナで、HF帯用、VHF,UHF用の製品があります。 ZRシリーズのアンテナは上下にリングを連結する中央の柱の真ん中に給電します。 上下のリングは全長がそれぞれ1/4波長あり、フルサイズの垂直ダブレットとして動作します。 指向性は基本的にバーチカルアンテナなので全方位に感度があります。このアンテナの設計は1mくらいの低い地上高で使うように設計されています。 ラジアルを必要とせず、打ち上げ角は14度と低打ち上げ角を達成しています。 タワーの上などに設置するとかえって打ち上げ角が上昇します。 ビルの屋上の平面や角度の浅い屋根を地面の代用に使って設置するのも1つの方法です。ローディングコイルを使わないため電波の放射効率は90%もあります。 コンパクトで低地上高で低打ち上げ角を持つこのアンテナはモービル用などにも利用ています。敷地の少ない日本ではアパマンハムなどに特に最適なアンテナと言えます。 1997年のCQWW CWコンテストでは6Y4Aで40mバンドに設計したZR型のアンテナを使用してall time バンドレコードを作りました。 Force12社ではこのタイプのアンテナをAMラジオなどの放送局用として製造しています。 ZR-3は放送局用の設計と基本的に同じ設計で、小型化と軽量化を及びローコスト化をはかった普及型ZRアンテナです。


*右の写真はニュータイプのZR-3、20-15-10 高さ1.9m & 1.20m リングです。


ZRシリーズ エレメント 高さ 周波数
VSWR(最大)
m MHz
ZR-3 1 1.9+
設置高
14.000-14.350 300kHz(2:1)
21.000-21.450 400kHz(2:1)
28.000-28.700 600-800kHz(2:1)
ZR-2m 1 0.762 136.0-151.0
ZR-2m/440 1 0.762 136.0-151.0
440(帯域80M)
ボーダー