CG3000 オートマチックアンテナチューナーで       手軽にHFオールバンド運用

CG3000
アンテナチューナー

CTU
コントロールユニット



詳細
なぜアンテナチューナなのか
ポータブルサイズでハイエンドの性能と操作性理由は数mのワイヤーアンテナでどの周波数でもオンエアできるこの手軽さです。
アンテナはエレメントの長さ、アースの効き具合、周囲の建物のなどでその性能は影響され性能を引き出すには調整が必要です。
条件の違いをひっくるめてとにかく50Ωにしてくれるアンテナチューナは与えられた条件で最大の能力を引き出してくれます。
バンド拡張に完全対応
CG−3000、を使えば1.8MH から30MHzの範囲であればどのバンドでも運用可能です。 
新たに開放された3.7Mz帯やこれから開放される7Mzの拡張にも勿論対応できます。
なぜ入力200WPEP、なのか
チューナには使うアンテナエレメン長と波長の組み合わせで内部に高い電圧が発生します。 

CG3000 は 200W のリグでも安心の大型コイルを採用、50W/100W 運用は余裕です。

しかしそれだけではないんです。 
同調したチューナはアンテナの一部となってローディングコイルのような役割を担っています、
Qの高い大型コイルを使った耐入力の大きいチューナは必然的に高能率なアンテナシステムを作ります。
なぜ防水か
室内に置いたチューナでは同軸ケーブルがアンテナの一部として動作し周囲の影響を受けアンテナとしての性能が低下するだけでなくインターフェアーの原因にもなります。 
チューナをアンテナの部品と考えるなら屋外のアンテナエレメントの近くに置くべきです。
簡単な取り付けと操作
Uボルトでアンテナマストやベランダに、固定ネジで外壁に簡単に設置できます。
CG−3000、はリグを選びません。
チューナに接続するケーブルは同軸ケーブルと電源用の線だけです。
 チューニングはリグから連続キャリアを出すだけです。
実績のあるアンテナとの組み合わせ
Force12社の省スペース高性能バーチカルアンテナのシグマ-10の給電点にCG−3000、CG−5000 を取り付けてマルチバンド化という手があります。

仕                様
機種 CG3000
周波数範囲 1.8-30MHz
入力インピーダンス 50Ω
最大電力 200WPEP
最小電力 10W
電源 13.8V±10% 0.8A以下(丸 4 ピンコネクター)
チューニング時間 最初のチューニングで約 2秒
同一周波数で2回目以降 0.2秒
メモリー 200周波数
最小エレメント長 6-30MHz  2.4m
1.8-30MHz 8m
重量 1.75kg
外形寸法 360×240×70mm
付属品 5mケーブル付電源プラグ、取り付けUボルト
  注1:良好なアースにて   

輸入総代理店 エレクトロデザイン株式会社
Home